美白になりたいなら洗顔料を変えてみよう|自分の肌質を知る

女性
女の人

顔を洗うだけで美しい肌に

美白の基本である洗顔は石鹸やフォーム選びが肝心です。その洗顔剤に美白に効果のある成分がきちんと含まれているか、余計な汚れを落とす成分が含まれているかをきちんとチェックしましょう。効果のある洗顔剤を使用し続ければ、美白を手に入れることができるでしょう。

レディ

トーンアップで明るい素肌

素肌のトーンアップを目指すなら、ターンオーバーを促すピーリング系の美白洗顔料も有効です。ピーリングは夜に行うのが効果的で、各洗顔料で指定された時間、泡をつけたままにするのが正しい洗い方になります。また、最初は効果がソフトなタイプから始めるのが良く、洗顔後は保湿をキチンとすることも大切です。

古い角質を取り除く成分

女性

保湿成分も重要

白い肌がトレンドの近年、ワンランク上の美白ケアを目指すなら、基礎化粧品を美白ラインにするだけでなく、洗顔にも美白成分が配合されたものを使用すると、より効率帝に白く美しい肌へと近づくことができるでしょう。美白効果を実感できる洗顔料は、主要なものが2つあります。1つ目は、酵素の配合された洗顔料です。酵素には、毛穴に詰まった汚れを分解する働きがあるため、透明感のあるクリアな肌へと導いてくれます。汚れをしっかりと落とすことにより、基礎化粧品の浸透力も高まるため、より高い美白効果が実感できます。酵素の濃度によって洗浄力も変わるので、自分の肌に合ったものが選べるというメリットもあります。2つ目は、フルーツ酸が配合された洗顔料です。フルーツ酸は、肌表面の古い角質を取り除き、肌のターンオーバーを整える働きがあるため、皮膚の生まれ変わりが活発になり、美白が実現できます。また、酵素やフルーツ酸など、肌の汚れや角質を取り去る成分が配合されるとともに、ヒアルロン酸やコラーゲンなど、保湿成分が一緒に配合されているものがベストです。その他に、美白成分として洗顔料に配合されている成分としては、ハイドロキノンやコウジ酸、火山灰、カミツレエキスなどがあります。特に、ハイドロキノンは美白効果が高く、注目されている成分です。自分の肌に合った成分が配合されている洗顔料を選び、より効果の高い美白ケアを目指してみてはいかがでしょう。

洗顔

自分で肝斑対策

女性ホルモンのバランスが加齢で乱れると、肝斑が出来ることがあります。肝斑はなかなか治しにくい肌トラブルです。ホルモンバランスを整え、刺激を与えないように洗顔をして美白化粧品でスキンケアをするのがおすすめです。